沿革


●創業者/税理士・清水 洋(しみず ひろし)
  昭和44年 東京都板橋区に清水 洋が税理士事務所を開業。

  以来、50年以上にわたって、中小・零細企業の税務会計・経営指導にあたる。
  事業再生の分野を確立した「草分け的存在」としてその存在を広く知られ、
  マスコミへの出演、全国からの講演依頼多数。
  また、時代の先を読む「先見の明」から、師事する経営者があとを絶たず、
 「経済評論家」としても高い評価を受ける。
  2014年2月には、中小企業への長年の功績が評価され、安部首相より
  感謝状贈呈。著書多数。


●現所長/税理士・大鐘慶浩(おおがね よしひろ)
   創業者・清水 洋の後を受け、平成30年に中央総合事務所・所長に就任。
   税務・会計に精通し、新進気鋭の税理士として、中小企業の経営者から
   厚い信頼と高い評価を受けている。